ず・ぼん15-8 続々・都立図書館はどこまで後退するのか【分冊版】
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

ず・ぼん15-8 続々・都立図書館はどこまで後退するのか【分冊版】

通常価格 ¥270(税込)
通常ポイント 2PT
作者 手嶋孝典
出版社 ポット出版
電子版発売日 2012/10/26
ジャンル 書籍 > 学術書

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる

ず・ぼん15-8 続々・都立図書館はどこまで後退するのか【分冊版】の商品説明:

『ず・ぼん』12号、13号と論じてきた「都立図書館の役割」を考える、第3弾。2002年に東京都教育長から出された「今後の都立図書館のあり方」報告以降、「都立図書館改革の具体的方策」について、どう意見が交わされてきたのか。特に「協力貸出方針の見直し」の目玉が、原則として貸出館での館内閲覧となることに対する区市町村立図書館の反発などを、東京都市町村立館長協議会の動きと合わせてレポートする。

SNS:
レーベル名
掲載誌名 ず・ぼん
紙の本発売日
ページ数:  

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全9巻

みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
ず・ぼん15-8 続々・都立図書館はどこまで後退するのか【分冊版】へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ