パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来

通常価格 ¥648(税込)
通常ポイント 6PT
作者 POKKA吉田
出版社 主婦の友社
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 社会

商品の評価

4.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

パチンコがなくなる日 警察、民族、犯罪、業界が抱える闇と未来の商品説明:

参加人口1500万人、市場規模22兆円を誇る巨大パチンコ産業が、今過渡期に差し掛かっている。社会構造の二極化による、パチンコヘビーユーザーであった中流層の空洞化や改正化資金業法で消えるヘビーユーザー、そしてネットの影響。さらにパチンコ業界が抱える構造的問題。「警察とパチンコ」「民族とパチンコ」「メディアとパチンコ」……パチンコ業界では硬派・辛口の論客として知られ、業界人必読のサイトも運営するPOKKA吉田氏が、パチンコ業界を厳しく論じる。

SNS:
レーベル名 主婦の友新書
掲載誌名
紙の本発売日 2011/02/05
ページ数: P192
ISBN番号 9784072768020
みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
恐ろしい真実
マザさん
投稿日: 2013/08/24

業界の闇についてよくまとめられていて、もっとこのような真実が多くの人に知られるようになればいいなあと単純に思いました。

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ