アメリカに問う大東亜戦争の責任
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

アメリカに問う大東亜戦争の責任

通常価格 ¥540(税込)
通常ポイント 5PT
作者 長谷川煕
出版社 朝日新聞出版
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > 学術書

商品の評価

0

(0)

0件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

アメリカに問う大東亜戦争の責任の商品説明:

「真の戦争責任とは」を主題に据え、自分が「竹槍少年」だった大東亜戦争体験から出発し、戦争の「罪」は敗戦国日本だけでなくアメリカや連合国にもあったことを、長年の取材を通じて掘り起こした異色ルポ。10万人が火にまかれて死んだ東京大空襲、20万人が一瞬にして燃え尽きた原子爆弾投下、無抵抗の日本人捕虜に対する、米兵の残虐行為。惨禍の罪は勝者の側にも存在し、結局は「正義のための戦争」がいかに虚妄で空しいかということを訴える。

SNS:
レーベル名
掲載誌名
紙の本発売日 2007/08/30
ページ数: P205
ISBN番号 9784022731623
みんなのレビュー

レビュー数: 0件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
レビューコメント募集中!
アメリカに問う大東亜戦争の責任へのレビューはまだ投稿されていません。
ぜひあなたのご意見・ご感想を投稿してください。
レビューを書く
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。

ページの先頭へ


通常作品20倍&5月新刊50倍!ポイントアップキャンペーン