ガガガ文庫 羽月莉音の帝国3
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

莉音倒れる! 不在のまま TOB 天王山へ──。

ガガガ文庫 羽月莉音の帝国3

通常価格 ¥378(税込)
通常ポイント 3PT
作者 至道流星 / 二ノ膳
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

4.5

(2)

2件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 羽月莉音の帝国3の商品説明:

莉音倒れる! 不在のままTOB天王山へ――
「ぼくが真実を口にすると ほとんど全世界を凍らせるだらうといふ妄想によつて ぼくは廃人であるさうだ」とは吉本隆明の詩の一節ですが、日本最大の衣料チェーン・アクアスをめぐるTOB(株式公開買付)合戦の討論の席でテンパって「世界を革命し、あたらしい人類の未来を創るのです。何かに支配されない社会。連綿とつづく争いの歴史からの脱却。機能不全に陥った世界をいちどリセットしましょう!」などと叫んだ株式会社革命部社長の巳継もまた、観た者すべてを凍らせてしまいました。……スベったわけですが。

さて、メディアを利用したPR戦においてアクアスに対して劣勢となり、かつ、資金調達のアテが外れて大ピンチの革命部に、追い打ちをかけるような出来事が起きます。

今まで革命部をひっぱってきた莉音が倒れてしまうのです!

巳継たちは莉音抜きでアクアス戦に勝ち抜かなければいけません。

しかし、政府転覆発言の真偽を問われる記者会見の前夜、恒太が巳継のもとに持ってきた質疑応答の想定問答集「天才・春日恒太の軍略」には「無関係の人間が見た場合には爆発する」などと注意されていました……そんな調子で大丈夫なのか、革命部!?

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2010/07/17
ページ数: P328

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全10巻

みんなのレビュー

レビュー数: 2件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く

日経やダイヤモンドでは見るけどラノベでは見かけない経済用語がぽんぽん飛び出す異色のライトノベル。 バトルの代わりに、リーマンショック前のイケイケムードの経営を展...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
勢いが大事
wwe122さん
投稿日: 2013/03/31

三巻を読もうって方はすでに1,2巻を読み終えていると思うので今更だと思いますが、さらにご都合主義がひどくなっています。 話の内容もスケールが大きくなっただけでさ...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


新規会員限定 半額クーポン