ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT10~たゆたう方舟と泣かない英雄~
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

魔狼消失!? ケースケ絶体絶命の危機!!

ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT10~たゆたう方舟と泣かない英雄~

通常価格 ¥324(税込)
ポイント増量 90PT(30倍)01/19まで
通常ポイント 3PT
作者 近衛乙嗣 / ツカサ
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT10~たゆたう方舟と泣かない英雄~の商品説明:

魔狼消失!? ケースケ絶体絶命の危機!!

瞼を開いた僕の視界は、少女の顔に占領されていた。肩まで切りそろえられた黒い髪。陶器のような白い肌。僕のよく知る女の子。
「未由?」
名前を呼ぼうとして、声が出せないことに気づく。僕の口は未由の唇に塞がれていた。
「よかった。起きてくれた」
唇を触れ合せながら呟く未由。その彼女の口元から赤い雫が伝う。瞳からは涙が零れる。
「未由、いったい何を……」
問いかけると、彼女はその表情に暗い影を宿しながら、少しずつ僕の傍から遠ざかった。背後に見えた景色は――動かない雲。張り付いた空、どこまでも続く白い砂浜。僕はここでずいぶん長い間気を失っていたらしい。
「啓介くんがすごく苦しそうで……全然目を覚ましてくれなくて……腕も、そんな状態で……見てられなくて……」
未由は震える声で言った。そして僕はひとつだけ「現実」を把握する。もう無いんだ。僕の――≪魔狼≫は。僕はもう「英雄」ではないんだ。途方にくれながら、未由とふたりきり、僕はその奇妙な世界のなかをとぼとぼとさまよい歩く。あてどなくその世界――アリッサの故郷である≪方舟≫の内部を、未由とふたりで歩き続けた。
ケースケ絶体絶命の第十巻。

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2010/10/24
ページ数: P344

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全12巻

みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
方舟編
mkmk119さん
投稿日: 2013/03/31

前作で能力を失った主人公が妹と一緒にアリッサの故郷である方舟の中で何を得るのか―――。 物語終盤に向けての準備回ともいえる回です。

  1. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


全品ポイント30倍キャンペーン