ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT9~終わる宴と緑翼の宣告者~
 
対応デバイス:
TV
Windows
iOS
Android

対応デバイスの詳細を確認

加速する魔法少女の恋心。決められない僕。

ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT9~終わる宴と緑翼の宣告者~

通常価格 ¥324(税込)
通常ポイント 3PT
作者 近衛乙嗣 / ツカサ
出版社 小学館
電子版発売日 2012/10/19
ジャンル 書籍 > ライトノベル(ラノべ)

商品の評価

5.0

(1)

1件のレビュー

レビューを書く

  • ほしい物リストに入れる
  • 試し読み
  • ブラウザ閲覧対応作品は「試し読み」をクリックするだけで試し読みができます。

ガガガ文庫 RIGHT×LIGHT9~終わる宴と緑翼の宣告者~の商品説明:

加速する魔法少女の恋心。決められない僕。
二学期から転入してきたアリッサも学生鞄にだいぶ馴染んできた9月下旬。放課後、黒板に書かれた文字をアリッサが凝視し、僕に体を寄せて囁く。「ねえねえ、ケースケ。サンヨウサイって何? 面白そうね」“傘陽祭”とは傘陽学園の学園祭。そろそろクラスの出し物を決めなければいけない時期にさしかかっていた。さまざまなアイディアが出されたなかで、アリッサの目を引いたのは「プラネタリウム」。「星空を創れるの? あたしプラネタリウム見てみたい!」教室中に響きわたったその願いの声が届くかのように、圧倒的多数の票を集めて出し物はプラネタリウムに決定した。「ケースケのおかげ。あたしは心からそう信じてるわよ?」アリッサは笑う。「だって好きな人のことを信じるのは、当たり前でしょ?」さらに突然、そう問われて、僕は戸惑い、目を逸らしてしまう―――。近頃アリッサは、こんな台詞を唐突に言う。僕の心拍数を跳ね上げる「好き」を繰り返す。これはきちんと答えを返さなければいけない「好き」だ。でも僕はまだ返事をする言葉が見つけられない。もう一人、僕に同じ気持ちの言葉をくれた人――友月未由がいるから……。

世界破局的大展開の魔法物語第9巻!

※※この作品は廉価版です。廉価版にはイラストが入りません。

SNS:
レーベル名 ガガガ文庫
掲載誌名
紙の本発売日 2010/05/23
ページ数: P328

シリーズ作品 カートに全巻入れる 全12巻

みんなのレビュー

レビュー数: 1件

あなたもレビューを書きませんか?
レビューを書く
日常に迫るもの
mkmk119さん
投稿日: 2013/03/31

学園祭というコメディー色の強い舞台の中でシリアス事態が動いている今作。 出だしは非常にコメディーなのですが最後は全く。 また、今作は次巻に続く形となっています。...

  1. [続きを見る]
  2. 参考になった0人
みんなのレビューは、レビュアーのみなさまの主観的なご意見・ご感想です。
あくまで一つの参考としてご活用ください。
すべてのレビューを読む

ページの先頭へ


通常作品20倍&5月新刊50倍!ポイントアップキャンペーン