販売状況

解除

掲載雑誌

解除

レーベル

解除

もっと見る

出版社で絞り込む

解除

もっと見る

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

サブジャンルで探す

哲学 電子書籍一覧

全1,391点

  1. 毎日がポジティブになる! 元気が出る言葉366日 書籍 > 哲学 毎日がポジティブになる! 元気が出る言葉366日 西東社編集部 / 西東社
    864
    0
    (0)
    0件
    <b>※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。</...
  2. 理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性 書籍 > 哲学 理性の限界 不可能性・不確定性・不完全性 高橋昌一郎 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    我々が信じる合理的選択、科学的認識、論理的思考は、絶対的なものではない! 世界の根源に関わる事象と密接に関連する人間の「理性の限界」と可能性をディベート形式で平易に描く論理学入門書。
  3. 知性の限界 不可測性・不確実性・不可知性 書籍 > 哲学 知性の限界 不可測性・不確実性・不可知性 高橋昌一郎 / 講談社
    702
    0
    (0)
    0件
    大好評『理性の限界』の著者による熱く楽しい哲学ディベート第2弾。本書では、ウィトゲンシュタインらの論を紹介しつつ、人間の知的営為の基本である「言語」「予測」「思考」の限界と可能性に迫る。
  4. 感性の限界 不合理性・不自由性・不条理性 書籍 > 哲学 感性の限界 不合理性・不自由性・不条理性 高橋昌一郎 / 講談社
    712
    0
    (0)
    0件
    人間の愛は「不合理」なもの? 自由だと勝手に信じている人間が実際には「不自由」? なぜ人間は生まれて死ななければならないという「不条理」に遭遇しているのか? そもそも、人間とは何か……? 「行為...
  5. ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論 書籍 > 哲学 ゲーデルの哲学 不完全性定理と神の存在論 高橋昌一郎 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    不完性定理を証明した天才の全体像とは。人間の理性に限界があることを示したゲーデルは、後年、神の存在を論理的に証明してみせた。孤高の人が到達した哲学的境地とはどのようなものか、初めて明かす。(講談...
  6. 〈子ども〉のための哲学 書籍 > 哲学 〈子ども〉のための哲学 永井均 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    自分ひとり裸一貫で哲学することのすすめ。なぜ悪いことをしてはいけないのか。なぜぼくは存在するのか。この二つの大問題に答えはあるだろうか。脳に汗して考え、自分の答えを見つけるプロセスを語る。(講談...
  7. 人生に意味はあるか 書籍 > 哲学 人生に意味はあるか 諸富祥彦 / 講談社
    702
    0
    (0)
    0件
    本気で考え始めると、抜け出られなくなってしまいそうで、何となく、怖い。そんな気がして、あまり考えないようにしてきた、という方も、少なくないようです。……そんなあなたがこの問題について真剣に考え抜...
  8. はじめて哲学する本 書籍 > 哲学 はじめて哲学する本 藤原和博 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,296
    0
    (0)
    0件
    どうして、結婚したの? なぜ、家族旅行には行かなきゃいけないの? 大人はどうして仕事に行くの? どうして勉強しなければいけないの? 神さまは、なぜみんなを助けてくれないの? ボクもいつか死ぬの?...
  9. 道元禅師の言葉 一言一言に救いがある 書籍 > 哲学 道元禅師の言葉 一言一言に救いがある 公方俊良 / 主婦の友社
    864
    0
    (0)
    0件
    鎌倉時代に生き、曹洞宗を開山したわが国最高の宗教者・道元。同じく宗教者である著者は道元の弟子が記した『正法眼蔵随聞記』から、人生の指針となる言葉を選び出し、日常生活で生かせるようにわかりやすく説...
  10. 超訳ニーチェの言葉 書籍 > 哲学 超訳ニーチェの言葉 フリ−ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ−チェ / 白取春彦 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,468
    0
    (0)
    0件
    ニヒリズムや反宗教的思想といった独自の思想により 二十世紀の哲学思想に多大なる影響を与えた、十九世紀ドイツの哲学者ニーチェ。 「神は死んだ」という主張やナチズムとの関わりを噂されるなど、様々な...
  11. 超訳ニーチェの言葉 II 書籍 > 哲学 超訳ニーチェの言葉 II フリ−ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ−チェ / 白取春彦 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,468
    0
    (0)
    0件
    110万部突破『超訳 ニーチェの言葉』の発売から約3年。 待望の第2弾をお届けする。 ニヒリズムや反宗教といった独自の思想により、20世紀の哲学に多大なる影響を与えたニーチェ。 「神は死んだ」と...
  12. ニーチェ 道をひらく言葉 書籍 > 哲学 ニーチェ 道をひらく言葉 フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ / 野田恭子 / イースト・プレス
    864
    0
    (0)
    0件
    これこそニーチェ哲学の真打ち!善も悪も乗り越えた、すべてのエッセンスがこの一冊に!もっと自分の高みを目指せ!!ニーチェの言葉があなたの力になる!強く生きるための教え228。
  13. 超訳 孫子の兵法 書籍 > 哲学 超訳 孫子の兵法 許成準 / 彩図社
    1,193
    0
    (0)
    0件
    世界中の指導者・経営者が愛読している、世界最古の兵法書『孫子の兵法』を、わかりやすい事例と共に、あますところなく解説。2500 年前の昔から変わらぬ「勝者の論理」を学べるビジネスマン必読の書!
  14. 優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから 希望をはこぶ哲学の言葉 書籍 > 哲学 優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから 希望をはこぶ哲学の言葉 野崎稚恵 / 大橋一陽 / プレジデント社
    821
    0
    (0)
    0件
    誰かから受けたストレスを別の人にぶつけても、自分のストレスを失くすことなどできない。それなのに、そうせざるを得ないほど、人は心の余裕を失い、不安に満ちている。ストレスのバトンを渡す代わりに、優し...
  15. 心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問 書籍 > 哲学 心理パラドクス 錯覚から論理を学ぶ101問 三浦俊彦 / 二見書房
    972
    0
    (0)
    0件
    心―直観や錯覚―にまつわるパラドクス。それが本書のモチーフです。哲学や科学の有名な諸問題をリンク付けて体系化した問題集という点では前著「論理パラドクス」「論理サバイバル」と同じですが、視点という...
  16. 論理パラドクシカ 思考のワナに挑む93問 書籍 > 哲学 論理パラドクシカ 思考のワナに挑む93問 三浦俊彦 / 二見書房
    972
    0
    (0)
    0件
    EPRパラドクス/シュレーディンガーの猫/量子自殺/ガリレオのパラドクス/ブラリ・フォルティのパラドクス/ラッセルのパラドクス/オムファロス仮説/クオリアの点滅/良きサマリア人のジレンマ…… 論...
  17. 戦後日本の思想 書籍 > 哲学 戦後日本の思想 久野収 / 鶴見俊輔 / 藤田省三 / 志木電子書籍
    1,028
    0
    (0)
    0件
    「敗戦によって様相を一変した思想界に、たんに進歩、保守の対立を見るのみでなくそこに文学的、社会科学的、土着的の三発想法をからませ、さらに、日本人がいかに戦争体験をうけとめたかをさぐる。(中略)定...
  18. これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 書籍 > 哲学 これからの「正義」の話をしよう ──いまを生き延びるための哲学 マイケル・サンデル / 鬼澤忍 / 早川書房
    720
    5
    (1)
    1件
    日本中が熱狂したベストセラーが紙版の文庫化に合わせて大幅値下げ。 さらに世界初公開、マイケル・サンデル氏の次作『それをお金で買いますか』より「序章」を先行収録いたしました。 1人を殺せば5人が助...
  19. 現代人の有りようを説く 正法眼蔵〜道元、思索の軌跡 書籍 > 哲学 現代人の有りようを説く 正法眼蔵〜道元、思索の軌跡 岡村貴句男 / アートヴィレッジ
    1,748
    0
    (0)
    0件
    著者は工学博士であり長年技術者として活躍しながら、独自に道元の研究をしてきた。本書ではまず「正法眼蔵」の概要を説明し、その後、現成公案・仏性・行仏威儀・有時・山水経・洗面の点から読み解いていく。...
  20. それでも僕は生きてゆく 正常な人ほど自殺を考える 書籍 > 哲学 それでも僕は生きてゆく 正常な人ほど自殺を考える 野田啓介 / アートヴィレッジ
    1,234
    0
    (0)
    0件
    著者は日本の大学を卒業したあと、アメリカで哲学の博士号を取得。現在もニューヨークに住み、諸大学で哲学を教えている。本書では特定の哲学を説くのではなく、なぜ生きるのか? というどの哲学にも通じる疑...
  21. 私の哲学試論――神・身体・言語・論理・時空・数学・自由・人工知能・生命―― 書籍 > 哲学 私の哲学試論――神・身体・言語・論理・時空・数学・自由・人工知能・生命―― 三森定史 / 島燈社
    1,080
    0
    (0)
    0件
    「真の哲学」を求めた在野の若い哲学者の果敢な試みの書である。哲学が万学の女王だった頃、人間の聖なる「心」や「精神」に対する論究も、哲学だけに許された特権だった。が、近年の科学の発達、特に脳科学、...
  22. クリシュナムルティの教育原論 書籍 > 哲学 クリシュナムルティの教育原論 J・クリシュナムルティ / コスモスライブラリー
    1,543
    0
    (0)
    0件
    従来の教育のあり方を根底から問い直した革命的教育論。一九四八年、インド独立の翌年にクリシュナムルティはインドの教育者たちのグループに向かって講演し、「世界中の教育は失敗したのです。なぜならそれは...
  23. クリシュナムルティの教育・人生論 書籍 > 哲学 クリシュナムルティの教育・人生論 大野純一 / コスモスライブラリー
    1,337
    0
    (0)
    0件
    クリシュナムルティの教育観ひいては人生観をこれまで未紹介の資料からわかりやすくまとめ、新しいミレニアムにおける新しい生き方を模索。それを要約すれば、戦争・暴力・流血によって彩られた自己中心的、自...
  24. 片隅からの自由 書籍 > 哲学 片隅からの自由 大野純一 / コスモスライブラリー
    1,851
    0
    (0)
    0件
    限りなく異常の度を加えつつある現代世界の中で正気を保つためには、もはや「正常(ノーマル)」であるだけでは不十分であり、「超正常」な生き方を実現することが急務となっている。そのため、典型的な超正常...
  25. 英知へのターニングポイント――思考のネットワークを超えて―― 書籍 > 哲学 英知へのターニングポイント――思考のネットワークを超えて―― J・クリシュナムルティ / 彩雲出版
    1,645
    0
    (0)
    0件
    1981年にザーネンで行なわれた7回の講話と、アムステルダムで行なわれた2回の講話の中で、クリシュナムルティは人間の脳の条件づけをコンピュータのプログラミングになぞらえている。 「私たち人...
  26. 白い炎――クリシュナムルティ初期トーク集 書籍 > 哲学 白い炎――クリシュナムルティ初期トーク集 J・クリシュナムルティ / コスモスライブラリー
    1,748
    0
    (0)
    0件
    あたかも古代緑地から来るかのような風がさわやかに吹き渡り、深い平和があたりを領している“本然の生”。クリシュナムルティによれば、現代人の不幸の根本原因はそのような生から切り離されてしまったことに...
  27. 私は何も信じない――クリシュナムルティ対談集 書籍 > 哲学 私は何も信じない――クリシュナムルティ対談集 J・クリシュナムルティ / コスモスライブラリー
    1,748
    0
    (0)
    0件
    言葉・思考・信念を超えた英知なしには世界はついに平和も自由も知ることはない。 対話の中で炸裂・生成する英知。 霊感と創造―レオポルド・ストコフスキーとの対話 「気づき」への旅 J・ネルーとの会...
  28. 新しい精神世界を求めて――ドペシュワルカールの「クリシュナムルティ論」を読む 書籍 > 哲学 新しい精神世界を求めて――ドペシュワルカールの「クリシュナムルティ論」を読む 稲瀬吉雄 / コスモスライブラリー
    2,057
    0
    (0)
    0件
    〈気づき〉が切り拓く新しい精神世界の旅へといざなう対話編。本書は、現役高校教師が足掛け三十年に及ぶクリシュナムルティ研究を基に、インドにおけるクリシュナムルティ研究の第一人者であるA・D・ドペシ...
  29. これから和 賢哲に学べ 書籍 > 哲学 これから和 賢哲に学べ 武藤信夫 / アートヴィレッジ
    1,028
    0
    (0)
    0件
    筆者は昭和8年に生まれ、戦前、戦後を通して東大、慶応大、一橋大学などの様々な教授に師事し、独学で日本倫理思想史、経済思想史を学んだ。その経験をもって、国際大学の創設に携わった経験がある。本書では...
  30. 武士道 書籍 > 哲学 武士道 新渡戸稲造 / 矢内原忠雄 / 岩波書店
    604
    0
    (0)
    0件
    「武士道はその表徴たる桜花と同じく、日本の土地に固有の花である」。こう述べる新渡戸(1862−1933)は、武士道の淵源・特質、民衆への感化を考察し、武士道がいかにして日本の精神的土壌に開花結実...
  31. 方法序説 書籍 > 哲学 方法序説 デカルト / 谷川多佳子 / 岩波書店
    518
    0
    (0)
    0件
    すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596−1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して達した、思想の独立宣言である。本書で...
  32. 学問のすゝめ 書籍 > 哲学 学問のすゝめ 福沢諭吉 / 岩波書店
    712
    0
    (0)
    0件
    「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」。著名なこの一文で始まる本書は、近代日本最大の啓蒙家である著者が、生来平等な人間に差異をもたらすのは学問の有無によると説く。彼のすすめる学問と...
  33. ツァラトゥストラは こう言った 上 書籍 > 哲学 ツァラトゥストラは こう言った 上 ニーチェ / 氷上英廣 / 岩波書店
    799
    5
    (1)
    1件
    晩年のニーチェ(一八四四―一九〇〇)がその根本思想を体系的に展開した第一歩というべき著作。有名な「神は死んだ」という言葉で表わされたニヒリズムの確認からはじめて、さらにニーチェは、神による価値づ...
  34. ツァラトゥストラは こう言った 下 書籍 > 哲学 ツァラトゥストラは こう言った 下 ニーチェ / 氷上英廣 / 岩波書店
    864
    5
    (1)
    1件
    晩年のニーチェ(一八四四―一九〇〇)がその根本思想を体系的に展開した第一歩というべき著作。有名な「神は死んだ」という言葉で表わされたニヒリズムの確認からはじめて、さらにニーチェは、神による価値づ...
  35. ソクラテスの弁明 クリトン 書籍 > 哲学 ソクラテスの弁明 クリトン プラトン / 久保勉 / 岩波書店
    518
    0
    (0)
    0件
    自己の所信を力強く表明する法廷のソクラテスを描いた『ソクラテスの弁明』。死刑の宣告を受けた後、国法を守って平静に死を迎えようとするソクラテスと、脱獄を勧める老友クリトンとの獄中の対話『クリトン』...
  36. 永遠平和のために 書籍 > 哲学 永遠平和のために 宇都宮芳明 / カント / 岩波書店
    540
    0
    (0)
    0件
    世界の恒久的平和はいかにしてもたらされるべきか。カントは、常備軍の全廃・諸国家の民主化・国際連合の創設など具体的提起を行ない、さらに人類の最高善=永遠平和の実現が決して空論にとどまらぬ根拠を明ら...
  37. 精神の危機 他15篇 書籍 > 哲学 精神の危機 他15篇 ポール・ヴァレリー / 恒川邦夫 / 岩波書店
    1,166
    0
    (0)
    0件
    第一次世界大戦後「精神の危機」を書いたポール・ヴァレリーは、西欧の没落に警鐘を鳴らし、人間における〈精神〉の意味を根本的に問い直した。先端技術の開発にしのぎをけずり、グローバル化する市場経済の盲...
  38. 夢よりも深い覚醒へ 3.11後の哲学 書籍 > 哲学 夢よりも深い覚醒へ 3.11後の哲学 大澤真幸 / 岩波書店
    885
    0
    (0)
    0件
    「不可能性の時代」に起きた3.11の二つの惨事は、私たちに何を問うているのか。日本で、脱原発が一向に進まないのはなぜなのか。そもそもなぜこれほど多数の原発が日本列島において建設されてきたのか。圧...
  39. 宇宙の真理 書籍 > 哲学 宇宙の真理 山田研悦 / 幻冬舎ルネッサンス
    616
    0
    (0)
    0件
    ■内容紹介 わたしたちはどこからきてどこへいくのか? 人間の心はあまりにも矛盾に満ちているため、宗教や哲学によって整理しないと「なぜ人間が存在するのか」「なぜ、宇宙はあるのか」「なぜ、思うように...
  40. 生きるための哲学 書籍 > 哲学 生きるための哲学 白取春彦 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,209
    0
    (0)
    0件
    哲学や思想と呼ばれるものは、私たちの日常からかけ離れた存在ではない。 この一瞬一瞬を生きるために役立てるべきものなのだ。 100万部を突破した『超訳ニーチェの言葉』を世におくった白取春彦が、 ...
  41. これが応用哲学だ! 書籍 > 哲学 これが応用哲学だ! 出口康夫 / 戸田山和久 / 美濃正 / さいはて社
    1,500
    0
    (0)
    0件
    ようこそ、知の広場(アゴラ)へ ― 分野横断的な知としての哲学を標榜、哲学の内部に閉じこもる研究スタイルを打破し、他分野の研究者や市民との知的交流を目指して、2008年秋に設立された応用哲学会。...
  42. 合意形成とルールの倫理学 書籍 > 哲学 合意形成とルールの倫理学 加藤尚武 / 丸善出版
    885
    0
    (0)
    0件
    現代社会の様々な問題解決のために、我々は、いかに合意を形成させ、ルール作りを行い、そして正義を確立させればいいのか? それら問題解決への最も有効な手段、それが応用倫理学である。本書では、生命操作...
  43. 幸福論 書籍 > 哲学 幸福論 アラン / 宗左近 / インタープレイ
    648
    0
    (0)
    0件
    「我思う。ゆえに我あり」のデカルトにつらなる思想家アランは、「行動としての思索を、思索して行動を」という哲学的立場にすすんだ。その『幸福論』は時代・世代を超え、名訳を得て多くの読者に支持されてい...
  44. 現代語訳 学問のすゝめ 書籍 > 哲学 現代語訳 学問のすゝめ 福沢諭吉 / 伊藤正雄 / インタープレイ
    648
    0
    (0)
    0件
    日本近代におけるマニュフェストともいえるもので、明治の精神形成の一方の旗幟をなした古典的名著。文語体としては画期的に平易な文章で書かれていたが、本書では全17篇を読みやすい現代語に全訳した数少な...
  45. 論語入門 書籍 > 哲学 論語入門 井波律子 / 岩波書店
    864
    0
    (0)
    0件
    大古典『論語』から、精選した百四十六条を味読する。その無類の面白さの中核は、孔子という人物にある。約二千五百年のはるかな時を超えて立ち上がる、臨場感あふれる弟子たちとの対話のなかに、不遇にあって...
  46. 新版 学生に与う 書籍 > 哲学 新版 学生に与う 河合栄治郎 / インタープレイ
    648
    0
    (0)
    0件
    河合栄治郎は戦中、軍部ファシズムを臆せず批判した人物として知られる。本書は、彼が平賀粛学と呼ばれる裁定によって東大の教壇を追われ、加えて出版法違反で訴追されるなか、若い人々へ心血をそそいで発した...
  47. 新訳ブッダ 強く生きる言葉 書籍 > 哲学 新訳ブッダ 強く生きる言葉 川辺秀美 / SBクリエイティブ
    648
    0
    (0)
    0件
    「これからどう生きるべきか?」は、すべてブッダの言葉の中にある! なぜ苦しみや執着が消えないのか? 欲や憎しみ、怒りはどう克服すればいいのか? 二千数百年年以上受けつがれてきたブッダの言葉には...
  48. ニーチェ ツァラトゥストラ 書籍 > 哲学 ニーチェ ツァラトゥストラ 秋山英夫 / インタープレイ
    648
    0
    (0)
    0件
    『ツァラトゥストラはかく語りき』ほど19世紀の思想に衝撃を与えた書はない。ヨーロッパ近代の精神的危機に対する、ニーチェ思想のすべてが盛り込まれた哲学的叙事詩を、難解な語句をさけ、物語風にまとめた...
  49. アランの幸福論 Propos sur le bonheur 書籍 > 哲学 アランの幸福論 Propos sur le bonheur アラン / 齋藤慎子 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,468
    0
    (0)
    0件
    時代を超えて読み継がれる“幸せに生きるための知恵” 「幸福論」と名のつく本は、世の中に多く存在しています。なかでも世界中で翻訳され古典的に読み継がれているのが、ヒルティ、ラッセル、そしてアラン...
  50. 中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 書籍 > 哲学 中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚 洪自誠 / 祐木亜子 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    1,468
    0
    (0)
    0件
    『菜根譚』はおよそ四百年ほど前に、中国・明代の学者、洪自誠によって書かれた処世訓です。 日本には江戸時代末期に伝わり、これまで非常に多くの人から愛読されてきました。 『菜根譚』は、人生にとって...
  51. ニッポンの負けじ魂 「パクス・ヤポニカ」と「軸の時代」の思想 書籍 > 哲学 ニッポンの負けじ魂 「パクス・ヤポニカ」と「軸の時代」の思想 山折哲雄 / 朝日新聞出版
    1,209
    0
    (0)
    0件
    日本が自信を失っている。外に向かう眼差しが揺れつづけ、おのれの内部を凝視する眼光に力がこもらない。まず、足元を凝視(みつ)めることをはじめなければならない。そのとき、浮かび上がるのが「パクス・ヤ...
  52. 不幸論 書籍 > 哲学 不幸論 中島義道 / PHP研究所
    600
    0
    (0)
    0件
    「幸せになろうね」「私はほんとうに幸せ者です」……。世に蔓延する「幸福でありたい症候群」。だがその幸福感は、他人の不幸や「死」の存在を「知らないこと」「見ないこと」で支えられている。本書では、古...
  53. 「人間嫌い」のルール 書籍 > 哲学 「人間嫌い」のルール 中島義道 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    「人はひとりでは生きていけない」。その言葉を錦の御旗に、表向きうまくやるのが「おとな」、できない人は病気と蔑む――他人を傷つけないという名目の下に、嘘やおもねりも正当化されるのが日本社会である。...
  54. 男の老子 「フイゴ人間」になろう 書籍 > 哲学 男の老子 「フイゴ人間」になろう 童門冬二 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    「煩わしい現実社会から退き、自然の中に溶け込んで生きる存在」、悠々自適の“隠者”としてイメージされる老子。しかし、そうした姿はほとんどの人にとって望めない。IT社会での情報の量と質は完全に人間の...
  55. 内村鑑三「代表的日本人」を読む 西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮 書籍 > 哲学 内村鑑三「代表的日本人」を読む 西郷隆盛・上杉鷹山・二宮尊徳・中江藤樹・日蓮 童門冬二 / PHP研究所
    600
    0
    (0)
    0件
    『代表的日本人(Representative Men of Japan)』は明治41年(1908)、キリスト教思想家の内村鑑三によって英文で書かれたものである。明治維新から40年を過ごし、文化・...
  56. 吉本隆明と柄谷行人 書籍 > 哲学 吉本隆明と柄谷行人 合田正人 / PHP研究所
    699
    0
    (0)
    0件
    戦後日本の思想界をリードし、いまなお多大な影響を与えつづけている吉本隆明(一九二四〜)と柄谷行人(一九四一〜)の思想を読み解く。二人は互いに真っ向から批判を応酬していたが、思索の領域は驚くほど通...
  57. 超訳 マキャヴェリの言葉 逆境の時代を生き抜く 書籍 > 哲学 超訳 マキャヴェリの言葉 逆境の時代を生き抜く 本郷陽二 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    16世紀、イタリアのフィレンツェ共和国の書記官マキャヴェリが著した『君主論』――。小都市国家に分裂し、外国の介入を受けながら戦乱に明け暮れる祖国の姿を憂い、真のリーダーが必要とする“究極の権謀術...
  58. なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル! 書籍 > 哲学 なぜ<ことば>はウソをつくのか? 理性と直観の哲学バトル! 新野哲也 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    「赤い雪」や「空とぶ人」ということばはあっても実体はどこにもない。言語にはフィクションがつきまとうのだ。ならば<ことば>への過剰な思い入れを捨て、もっと悠々と快活に生きてみないか。元気や愛、聡明...
  59. 人生をやり直すための哲学 書籍 > 哲学 人生をやり直すための哲学 小川仁志 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    誰もが一度は「人生をやり直したい」と思うもの。夫婦仲が悪い時、成果があげられず、不遇な時、仕事があわないと感じた時。そんな大人の悩みに答えるのが、歴史上の20人の哲学者。ソクラテス、デカルト、カ...
  60. 凛とした日本人 何を考え、何をすべきか 書籍 > 哲学 凛とした日本人 何を考え、何をすべきか 金美齢 / PHP研究所
    950
    0
    (0)
    0件
    この度の大震災は、多くの日本人に自らを見つめ直す契機をもたらしたと思う。危機が、さまざまな立場の日本人の“地金”を炙り出した。私たちは高位高官の情けない言動を見せられた。と同時に、多くの無名の日...
  61. 皇統保守 書籍 > 哲学 皇統保守 八木秀次 / 竹田恒泰 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    かつて右翼と左翼は明確に異なっていたが、現在はその違いも曖昧になりつつある。日本共産党が皇室の存在を認めるなか、恥ずかしげもなく「天皇制度の廃棄」という言葉を持ち出す自称保守論者もいる。そもそも...
  62. お坊さんが教える イヤな自分とサヨナラする方法 書籍 > 哲学 お坊さんが教える イヤな自分とサヨナラする方法 小池龍之介 / カモ / PHP研究所
    749
    0
    (0)
    0件
    一見すると幸せそうにしている人でも、他人に見せないところでは多かれ少なかれ「イヤな自分」を抱えています。人に嫉妬していたり、優柔不断だったり、ケチケチしていたり、心の中で他人の悪口がうずまいてい...
  63. すっきりわかる! 超訳「哲学用語」事典 書籍 > 哲学 すっきりわかる! 超訳「哲学用語」事典 小川仁志 / PHP研究所
    600
    4
    (1)
    1件
    ルサンチマン、イデア、メタファー、レゾンデートル、アウフヘーベン、弁証法、記号論、形而上学、構造主義、実存主義、唯物史観……。哲学に特に興味のない人でも、こうした難解な言葉が本の中に突然出てきて...
  64. 日本人として読んでおきたい保守の名著 書籍 > 哲学 日本人として読んでおきたい保守の名著 潮匡人 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    「ネット保守」という言葉をよく聞くようになった。若い世代で「保守」を自認する人も増えている。また、時の政権のリベラルな政治姿勢に反発しているのかもしれない。とはいえ、保守陣営でも政策によって意見...
  65. あなたにとっての「正しい答え」を200%引き出す方法 書籍 > 哲学 あなたにとっての「正しい答え」を200%引き出す方法 佳川奈未 / PHP研究所
    1,000
    0
    (0)
    0件
    この本は、悩みや問題や決めかねていること、叶えたい願いをどうすべきかについて、「自分にとっての正しい答え」を出すための本です。「こんなときは、どうしたらいい?」「AorB、どっちを選ぶべき?」「...
  66. 佳川奈未の運命を変える言葉200 みるみる“いいこと”が起こる! 書籍 > 哲学 佳川奈未の運命を変える言葉200 みるみる“いいこと”が起こる! 佳川奈未 / PHP研究所
    500
    0
    (0)
    0件
    人生に無駄なことは何もない。すべての流れは、あなたの幸せに限りなく続いている――。OL、主婦から芸能人、スポーツ選手まで広く支持される佳川奈未の本。その人気著書の中から、心に響く珠玉のメッセージ...
  67. 幸運力 運のいい人には、さらに運のいいことがやってくる! 書籍 > 哲学 幸運力 運のいい人には、さらに運のいいことがやってくる! 佳川奈未 / PHP研究所
    500
    0
    (0)
    0件
    この世で最も幸運力のある女性といえば、やっぱりシンデレラ。彼女は姉たちにどんな意地悪な仕打ちをされても、歌をうたい、踊り、夢見ることを忘れずにいました。そして、最後には落としたガラスの靴から美し...
  68. おもしろいほどお金を惹きよせる心の持ち方 書籍 > 哲学 おもしろいほどお金を惹きよせる心の持ち方 佳川奈未 / PHP研究所
    500
    0
    (0)
    0件
    お金をたくさん得るには、何も額に汗して死ぬほど働かなくても大丈夫。「心の持ち方」を少し変えるだけで、笑っちゃうほどお金が入り出すのです!本書では、「お気に入りの銀行と付き合う」「リッチライフをあ...
  69. 社会人になる前に知っておくべき12カ条 書籍 > 哲学 社会人になる前に知っておくべき12カ条 樋口裕一 / PHP研究所
    950
    0
    (0)
    0件
    受験生から「小論文の神様」と呼ばれる作文・小論文の指導者であり、大学の教員でもある著者は、社会人となる前の学生に接する機会が多い。頼もしく成長し、愛すべき若者たちであるが、なかにはこのまま社会に...
  70. 高校時代に考えておく50のこと・女子編 書籍 > 哲学 高校時代に考えておく50のこと・女子編 有川真由美 / PHP研究所
    950
    0
    (0)
    0件
    「どうして自分って、ダメなんだろう」とか「なんとかしなきゃ、でも私には無理…」など、自分の性質や能力に自己嫌悪を感じたり、現実と理想のギャップに落ちこむことが多くなる高校時代。しかし、その悩める...
  71. 戦国武将名言録 書籍 > 哲学 戦国武将名言録 楠戸義昭 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    常に自らの死に直面した戦国武将。その緊張感は、彼らをして現代にも通じる多くの警句を残させた。例えば、「敵に塩を送る」という言葉がある。上杉謙信のエピソードに由来し、「苦境にある敵を助ける」という...
  72. [現代語抄訳]言志四録 書籍 > 哲学 [現代語抄訳]言志四録 佐藤一斎 / PHP研究所
    1,000
    0
    (0)
    0件
    日本という国に「志」高きサムライがいた時代から、指導者のバイブルとして読み継がれてきた、至高の書をわかりやすく現代語新訳。また編訳者により、さらにわかりやすい解説もつけている。本書には、真のリー...
  73. ハッピー know how 朝に生まれ変わる50の方法 書籍 > 哲学 ハッピー know how 朝に生まれ変わる50の方法 中谷彰宏 / あやせ理子 / PHP研究所
    749
    0
    (0)
    0件
    朝を制するものは1日を制する、否、人生を制するといっても過言ではない、大切な「朝」。本書は、目覚まし時計をたった10分早めるだけでどれだけの変化が起こるかを、50の具体例で教えます。あやせ理子さ...
  74. 必ずわかる!「○○主義」事典 書籍 > 哲学 必ずわかる!「○○主義」事典 吉岡友治 / PHP研究所
    600
    0
    (0)
    0件
    「実存主義」「ポスト構造主義」「原理主義」「功利主義」「フェティシズム」「ポピュリズム」……。あなたはきちんと説明できますか?本書は、世の中にあふれる「○○主義」「○○イズム」の意味を、政治・生...
  75. 忘れかけていた大切なこと ほほえみひとつで人生は変わる 書籍 > 哲学 忘れかけていた大切なこと ほほえみひとつで人生は変わる 渡辺和子 / PHP研究所
    500
    5
    (1)
    1件
    愛する人との別れ、いわれなき中傷、不本意な選択など、人生とは「こんなはずではなかった」の連続なのでしょう。幼き日に遭遇した2・26事件で最愛の父を目の前で失い、母の反対を押し切ってキリスト教に入...
  76. 目に見えないけれど大切なもの あなたの心に安らぎと強さを 書籍 > 哲学 目に見えないけれど大切なもの あなたの心に安らぎと強さを 渡辺和子 / PHP研究所
    500
    0
    (0)
    0件
    あいさつをしたのに、会釈すら返してもらえなかった時。他人から辛辣なことを言われたり、そういうことを人づてに聞かされた時。「私はもっといい仕事ができたはずなのに」と自信をなくした時――傷いっぱいの...
  77. 孔子から孫文まで 人物50人で読む「中国の思想」 書籍 > 哲学 孔子から孫文まで 人物50人で読む「中国の思想」 鍾清漢 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    古来から私たち日本人は、言葉や文字を初めとする多くの文化を中国から取り入れてきた。中でも儒学に代表される「中国の思想」は、現代の我々の生活や文化に深く根ざしており、その影響は無視できないものがあ...
  78. 感情労働シンドローム 体より、気持ちが疲れていませんか? 書籍 > 哲学 感情労働シンドローム 体より、気持ちが疲れていませんか? 岸本裕紀子 / PHP研究所
    699
    0
    (0)
    0件
    感情労働とは、仕事をするなかで、心の負担にポイントを置いた労働のことである。本来、営業職、客室乗務員など顧客相手の仕事を指していたが、今や職種を超えた広がりを見せている。たとえば職場では、パワハ...
  79. 最期のセレモニー メモリアルスタッフが見た、感動の実話集 書籍 > 哲学 最期のセレモニー メモリアルスタッフが見た、感動の実話集 一条真也 / PHP研究所
    1,000
    0
    (0)
    0件
    「手描きの遺影」「ふるさとのようなお花畑」「炭坑節でのお葬式」……。人生の最期を飾るセレモニー・お葬式には千差万別の送りかたがあります。「おくりびと」であるメモリアルスタッフが実際に体験し、目の...
  80. 論理学入門推論のセンスとテクニックのために NHKブックスセレクション 書籍 > 哲学 論理学入門推論のセンスとテクニックのために NHKブックスセレクション 三浦俊彦 / NHK出版
    540
    0
    (0)
    0件
    「なぜ人を殺してはいけないのか?」「地球外生命は存在するか?」・・・論理的に考えると、どのような回答がもたらされるか?演繹、帰納、背理法など推論のテクニックを豊富な例題とともに紹介しながら、現代...
  81. 論語と私 書籍 > 哲学 論語と私 金谷治 / 展望社
    926
    0
    (0)
    0件
    論語と私とは、「論語」研究家として著名な著者が、研究生活を振り返りながら、より親しみやすい「論語」の世界へ導く。
  82. 新装版 ソフィーの世界(上) 哲学者からの不思議な手紙 書籍 > 哲学 新装版 ソフィーの世界(上) 哲学者からの不思議な手紙 ヨースタイン・ゴルデル / 須田朗 / 池田香代子 / NHK出版
    925
    0
    (0)
    0件
    14歳の少女ソフィーのもとに見知らぬ人物から届いた手紙。そこにはたった1行「あなたはだれ?」とだけ書かれていた……。 本書が発行された1995年、日本では阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件...
  83. 新装版 ソフィーの世界(下) 哲学者からの不思議な手紙 書籍 > 哲学 新装版 ソフィーの世界(下) 哲学者からの不思議な手紙 ヨースタイン・ゴルデル / 須田朗 / 池田香代子 / NHK出版
    925
    0
    (0)
    0件
    14歳の少女ソフィーのもとに見知らぬ人物から届いた手紙。そこにはたった1行「あなたはだれ?」とだけ書かれていた……。 本書が発行された1995年、日本では阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件...
  84. デルクイ 01 反体制右翼マガジン 書籍 > 哲学 デルクイ 01 反体制右翼マガジン 『デルクイ』編集部 / 彩流社
    972
    0
    (0)
    0件
    今ふうの在特会的な路線には乗れないタイプの右翼と、今ふうの「生きさせろ」的な路線には乗れないタイプの左翼と、さらには「ファシスト」を主要執筆陣に据えてお届けする“反体制右翼雑誌”、その名も『デル...
  85. 中村天風 絶対積極で生き抜く言葉 書籍 > 哲学 中村天風 絶対積極で生き抜く言葉 清水榮一 / KKロングセラーズ
    977
    0
    (0)
    0件
    明るく、朗らかに、生き生きと。心の思いが自分自身をつくり、自分の運命も、自分の人生をもつくりあげている。
  86. NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント 書籍 > 哲学 NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント 上田惇生 / NHK出版
    822
    0
    (0)
    0件
    経営学書として異例の100万部を突破した『マネジメント[エッセンシャル版]』。事業とマネジメントにおける目的の本質を捉え、人と人とが働くことの真髄を訴えかけるドラッカーの「基本と原則」は、多くの...
  87. NHK「100分de名著」ブックス 孔子 論語 書籍 > 哲学 NHK「100分de名著」ブックス 孔子 論語 佐久協 / NHK出版
    822
    0
    (0)
    0件
    古くから読み継がれ、日本人の文化や思想に大きな影響を与えた『論語』。現在では通読する人は少ないが、人間が心豊かに生きるうえでの様々な点に言及した、総合的な「人間学」の書としての性格をもつ。独立独...
  88. NHK「100分de名著」ブックス ニーチェ ツァラトゥストラ 書籍 > 哲学 NHK「100分de名著」ブックス ニーチェ ツァラトゥストラ 西研 / NHK出版
    822
    0
    (0)
    0件
    私たちはなぜ生きるのか。既存の権威と価値観を痛烈に批判し、神による価値づけを剥奪された人間が、いかにして自身を肯定すべきかを考えた哲学者ニーチェ。その言葉は時代を越え、いま私たちの深い共感を呼ぶ...
  89. NHK「100分de名著」ブックス 福沢諭吉 学問のすゝめ 書籍 > 哲学 NHK「100分de名著」ブックス 福沢諭吉 学問のすゝめ 齋藤孝 / NHK出版
    822
    0
    (0)
    0件
    天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず――。多くの人がそらんじることができる惹句だが、それに続く言葉をご存知だろうか。福沢諭吉がその言葉に賭したのは人間の平等ではなく、見識と行動力を備えた「...
  90. 本質を見抜く「考え方」 書籍 > 哲学 本質を見抜く「考え方」 中西輝政 / サンマーク出版
    588
    0
    (0)
    0件
    一見もっともらしく見える他人の判断や見解に惑わされることなく、「自分の頭で考える」ためにはどうしたらいいか。国際政治学者として、また歴代内閣ブレーンとして、つねに新しい情報を集め、検証し、自分な...
  91. 「論語」人間、一生の心得 書籍 > 哲学 「論語」人間、一生の心得 渋沢栄一 / 三笠書房
    1,188
    0
    (0)
    0件
    人間、いかに生き、実りある人生に達するか――「論語」の実践者として、渋沢栄一の右に出る者はいない。500もの会社を設立し、日本資本主義の育成発展に賭け、ドラッカーも絶賛した巨人の全エネルギーの原...
  92. 使う!「論語」 書籍 > 哲学 使う!「論語」 渡邉美樹 / 三笠書房
    1,188
    0
    (0)
    0件
    「私は常に身近に『論語』を置き、くり返し読んでいる。一行読むたびに、今日自分のまわりで起きたことが頭をよぎる。そして、自分の生き方や仕事を振り返る。こんなに面白い『論語』の真価を知ってほしい」(...
  93. 科学と宗教と死 書籍 > 哲学 科学と宗教と死 加賀乙彦 / 集英社
    540
    0
    (0)
    0件
    昭和4年に生まれ幼い時から戦争の時代を生きてきた著者。第二次世界大戦後も死刑囚と接する拘置所の医務技官として、また作家として、常に人間の生と死に向き合ってきた。子どもの頃は怖ろしい存在であった死...
  94. 我関わる、ゆえに我あり 書籍 > 哲学 我関わる、ゆえに我あり 松井孝典 / 集英社
    648
    0
    (0)
    0件
    大震災以降、混迷する世界。文明の力で制御できない巨大な力の前に、我々は無力感・閉塞感の只中にいる。地球は、人類はどうなるのか。日本の惑星科学の第一人者である著者は、辺境(宇宙)から地球を見つめ直...
  95. 生きるのが楽になる哲学の本 書籍 > 哲学 生きるのが楽になる哲学の本 梅香彰 / 光文社
    432
    0
    (0)
    0件
    哲学は、無理な理屈ではなく、人が生きていくために役立つ「幸福論」である。人は、絶望を乗り越え、欲望と折り合い、孤独を生き抜き、死と向かい合ってなお生きていかねばならない。だが、どんな状況にあって...
  96. 「縮み」志向の日本人 書籍 > 哲学 「縮み」志向の日本人 李御寧 / 講談社
    864
    0
    (0)
    0件
    日本人がはじめて開発し、世界に送り出した商品は扇子であった――。卓抜な視点で日本人の「縮み志向」を鮮やかに説き、日本文化の本質や日本が工業化社会のトップに躍り出ることができた秘密を明快に分析する...
  97. 論語 現代に生きる中国の知恵 書籍 > 哲学 論語 現代に生きる中国の知恵 貝塚茂樹 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    2000年以上もの間、人々に愛読され、東洋思想の根幹となってきた『論語』には、旧時代の思想として片づけられない永遠の輝きがある。平明・簡潔な文章で綴られた一句一句が、読む者の人生経験に応じてよみ...
  98. 世界に呼びかける東洋 書籍 > 哲学 世界に呼びかける東洋 中村元 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    われわれの周囲には、世界のあらゆる思想や文化が押し寄せている。日本の伝統的な文化を発展させるにはどうすればよいのだろうか。特にアメリカで、東洋文化がどのように受容せられ変容し発展しているかを事実...
  99. 今こそアーレントを読み直す 書籍 > 哲学 今こそアーレントを読み直す 仲正昌樹 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    20世紀を代表する政治哲学者が、なぜいま再評価されるのか。人間の本性や社会の公共性を探った彼女の難解な思考の軌跡を辿り直し、私たちがいま生きる社会を見つめ直す試み。
  100. いまを生きるための思想キーワード 書籍 > 哲学 いまを生きるための思想キーワード 仲正昌樹 / 講談社
    648
    0
    (0)
    0件
    正義・善・カルト・決断主義などメディアやマスコミで頻繁に使われている政治哲学・倫理学系の21の言葉の意味を定義し、掘り下げてみる。高校生にも理解できる仲正流「思想」入門書。

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ


新規会員限定 半額クーポン 15%OFFクーポン