販売状況

解除

掲載雑誌

解除

レーベル

解除

もっと見る

出版社で絞り込む

解除

もっと見る

著者で絞り込む

解除

もっと見る

ジャンルで絞り込む

解除

紙の本発売年代

解除

年~
完結

解除

サブジャンルで探す

政治 電子書籍一覧

全1,143点

  1. 炎上する世界経済 書籍 > 政治 炎上する世界経済 鈴木啓功 / イースト・プレス
    1,512
    0
    (0)
    0件
    「震災→恐慌→五輪→戦争」繰り返す悪夢のシナリオ 世界は「90年×2=180年」サイクルで動く! 「大東亜戦争=日本の属国化」の歴史が、再び始まる! 「関東大震災→1940年東京五輪中止→...
  2. リバタリアン宣言 書籍 > 政治 リバタリアン宣言 蔵研也 / 朝日新聞出版
    540
    4
    (1)
    1件
    いま日本の一部ビジネスエリートや高学歴層のなかで、極小の国家と最大の自由を目指す人びとが、確実に増えている。その名は「リバタリアン」。「日本史より世界史を教えろ」「福祉は国による強奪である」など...
  3. 自衛隊が愛される条件 書籍 > 政治 自衛隊が愛される条件 小池政行 / 朝日新聞出版
    540
    0
    (0)
    0件
    戦後、日本が軍事力を行使しなかったのは貴重な「外交資産」だ。この「宝」をどう生かすのか!? 国際社会は日本に何を求めているのか? 日本は世界に向けて何ができるのか? 「日米同盟関係」のもと、わが...
  4. 漢書に学ぶ「正しい戦争」 書籍 > 政治 漢書に学ぶ「正しい戦争」 櫻田淳 / 朝日新聞出版
    540
    0
    (0)
    0件
    「普通の国」=「軍国主義への道」か? 「対北朝鮮柔軟政策」=「国賊」か? 保守論壇でデビューした国際政治学者が、古代中国の知恵を借りながら、情念の支配する安全保障論議に独自の視点で切り込む。戦乱...
  5. 愛国の作法 書籍 > 政治 愛国の作法 姜尚中 / 朝日新聞出版
    540
    0
    (0)
    0件
    北朝鮮のミサイル実験と中国の軍事的台頭。靖国参拝と歴史認識をめぐり膠着する日中・日韓関係。風雲急を告げる東アジアで、日本の立ち位置が試されている。今後焦点となる改憲、歴史の見直しとどう向き合うか...
  6. 華麗なる鳩山一族の野望 書籍 > 政治 華麗なる鳩山一族の野望 大下英治 / 徳間書店
    540
    0
    (0)
    0件
    歴史に残る政権選択選挙に圧勝し、念願の総理の座に就いた民主党・鳩山由紀夫。元内閣総理大臣の祖父、元外務大臣の父、元法務大臣他歴任の弟……鳩山家は日本のケネディ家になぞらえられる。この華麗なる一族...
  7. 小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか? 書籍 > 政治 小沢一郎はどのように自民党をぶっ壊したか? 大下英治 / 徳間書店
    648
    0
    (0)
    0件
    史上空前の圧勝で民主党を勝利に導き、自民党を完膚なきまでに叩きのめした小沢一郎。小泉改革の歪みと後継総理たちの相次ぐ失態によって、支持率急落した宿敵にどのようにとどめを刺したのか? 彼によって当...
  8. 市民の政治学 書籍 > 政治 市民の政治学 篠原一 / 岩波書店
    604
    0
    (0)
    0件
    近代の第2幕が開かれつつある21世紀において、私たち市民はどんな課題に取り組まねばならないのか。欧米で議論されている最新の市民社会論やデモクラシー論を紹介しつつ、現在の政治社会の変容を歴史的文脈...
  9. 安倍政権の日本 書籍 > 政治 安倍政権の日本 星浩 / 朝日新聞出版
    540
    0
    (0)
    0件
    「安倍政権は、自民党の『終わりの始まり』である」――新聞コラムやテレビでおなじみの朝日新聞編集委員が、「ポスト小泉」政権の成立過程、今後の展望、さらには抱える問題点を表裏から描くドキュメント。安...
  10. 永田町奇譚 書籍 > 政治 永田町奇譚 上杉隆 / 藤本順一 / 扶桑社
    864
    0
    (0)
    0件
    小泉政権以降、政局を読む目は変わった。従来型の記者クラブメディアでは辿りつけない情報をかき集め、数々のスクープを発信してきた2人のジャーナリストの新「政局論」。
  11. 記者会見ゲリラ戦記 書籍 > 政治 記者会見ゲリラ戦記 畠山理仁 / 扶桑社
    473
    0
    (0)
    0件
    政権交代で「名ばかりオープン化」した会見をフリーライターがルポ。貧者の武器・twitterやUstream を駆使し、「会見ダダ漏れ」しながら考えた記者クラブの「報じない権力」とは?
  12. 民主党政権は、なぜ愚かなのか 書籍 > 政治 民主党政権は、なぜ愚かなのか 辻貴之 / 扶桑社
    616
    0
    (0)
    0件
    アゼンとする失政が続く民主党政権。その理由は、政権を担う左翼系の人々の無意識に宿る、“破壊衝動”であると指摘する。著者独自の目線で解析する恐るべき民主党の実態。
  13. 大統領選を読む! 書籍 > 政治 大統領選を読む! 鈴木健 / 朝日出版社
    1,048
    0
    (0)
    0件
    選挙の仕組みからキャンペーンの裏表まで、日本人の知らない「アメリカ大統領のつくり方」をわかりやすく解説。最終章には大統領の演説の特徴と技巧などが実例を示しながら述べてあり、英語の勉強にもなる。...
  14. [激論] 都市計画を根底から変えられるか 書籍 > 政治 [激論] 都市計画を根底から変えられるか 蓑原敬 / 学芸出版社
    540
    0
    (0)
    0件
    高度成長時代につくられた都市計画制度は、人口減少時代となった今日、むしろまちづくりの障害となっている面も多い。2010年9月6日、佐藤滋、西村幸夫、大方潤一郎、広井良典、中井検裕、中村文彦、小川...
  15. 「改革」はどこへ行った? 民主党政権にチャンスはあるか 書籍 > 政治 「改革」はどこへ行った? 民主党政権にチャンスはあるか 竹中平蔵 / 東洋経済新報社
    1,296
    0
    (0)
    0件
    10月20日の西川善文・日本郵政社長の電撃的辞任、政権交代後の初めての臨時国会の開催。一言で言えば、こうした民主党政権の先行きを占うギリギリの最新情報までも取り込んだのが、類書には見られない本書...
  16. 民主党「裏」マニフェストの正体 書籍 > 政治 民主党「裏」マニフェストの正体 三品純 / 彩図社
    1,100
    0
    (0)
    0件
    民主党には「民主党政策集INDEX」という裏マニフェストが存在している! 2009年8月の総選挙で圧倒的な勝利をおさめ、悲願の政権を奪取した民主党。しかし、その後の凋落ぶりはあまりに激しい。なぜ...
  17. 民主党政権への伏流 書籍 > 政治 民主党政権への伏流 前田和男 / ポット出版
    1,620
    0
    (0)
    0件
    民主党政権はどこへ行くのか!? 10人の「伏流」たちの証言から日本政治の行方を見定める。 2009年8月の「政権交代選挙」に至る20年。どんな人物が、何を考え、どう動いたのか。 歴史の表舞台に...
  18. 日本を変える5つの約束 書籍 > 政治 日本を変える5つの約束 三橋貴明 / 彩図社
    864
    0
    (0)
    0件
    インターネット出身の経済評論家三橋貴明氏が、日本を明るくしたいと、立ち上がりました。 日本は世界一の金持ち国家です。にもかかわらず、十数年もデフレ不況に喘いでいるのは、国の政策が間違っているから...
  19. 鳩山一族 誰も書かなかったその内幕 書籍 > 政治 鳩山一族 誰も書かなかったその内幕 伊藤博敏 / 彩図社
    1,296
    0
    (0)
    0件
    偽装献金問題、12億円の贈与、あの金は一体「どこ」から出たのか? 鳩山首相は何を考え、どう行動するのか。 その原理を知るには、日本のケネディ家とも言われる、名門「鳩山一族」の歴史を紐解く必要があ...
  20. YOSAKOIソーラン祭り 〈カラー版〉 書籍 > 政治 YOSAKOIソーラン祭り 〈カラー版〉 坪井善明 / 長谷川岳 / 岩波書店
    658
    0
    (0)
    0件
    毎年6月に札幌で開催されるYOSAKOIソーラン祭りは、10年の間に参加者4万人。観衆200万人の一大イベントに成長した。20歳の学生の思いはどのように実現され、なぜ急成長したのか。企画実現の工...
  21. 「光の道」革命 書籍 > 政治 「光の道」革命 光アクセス普及研究会 / SBクリエイティブ
    972
    0
    (0)
    0件
    原口総務大臣が打ち出した「光の道」構想は、ソフトバンクの孫社長らも巻き込み、さまざまな議論を呼んでいる。なぜ「光の道」が必要なのか? どのようにして実現するのか? その先にどのような未来があるの...
  22. 幸せになる資本主義 書籍 > 政治 幸せになる資本主義 田端博邦 / 朝日新聞出版
    864
    0
    (0)
    0件
    大学を含む教育費と住宅の費用を個人が負担するという考え方は、世界的にみれば必ずしも当たり前のことではない。無料高等教育や手厚い住宅手当など、日本では当然「市場財」と思われるものが「公共財」として...
  23. 中国人に会う前に読もう ―第一線商社マンの目・暴動中国の深層― 書籍 > 政治 中国人に会う前に読もう ―第一線商社マンの目・暴動中国の深層― 泉幸男 / 彩雲出版
    617
    0
    (0)
    0件
    著者は現役の総合商社マン。実際に中国ビジネスに関わった経験から、経済学者、歴史学者、評論家とは、まったく異なった視点で中国を論評します。その切り口の鋭さは、数十億単位のビジネスの修羅場を渡ってき...
  24. 政治レトリックとアメリカ文化 オバマに学ぶ説得コミュニケーション 書籍 > 政治 政治レトリックとアメリカ文化 オバマに学ぶ説得コミュニケーション 鈴木健 / 朝日出版社
    2,057
    0
    (0)
    0件
    演説で人々を感動させたオバマが大統領に当選した背景には、「語ることは統治なり」という言葉に象徴されるアメリカの伝統がある。 政治とレトリックと文化のかかわりを鮮明に描き出し、2008年大統...
  25. 小説自民党 次を狙う男たち 書籍 > 政治 小説自民党 次を狙う男たち 大下英治 / 祥伝社
    442
    0
    (0)
    0件
    リクルート事件、竹下首相の辞任、海部首相の誕生…政局が激震した平成元年。後継争いと無縁の男が新首相に選ばれた背景には、長老たちによる老獪な派閥戦略があった。そして早くも、次を狙う男たちの暗闘が始...
  26. 経済と国家がわかる 国民の教養 書籍 > 政治 経済と国家がわかる 国民の教養 三橋貴明 / 扶桑社
    925
    0
    (0)
    0件
    メディアには誤った言説が溢れている。それらの言説に対し、データをもとに徹底的に反論する。これまでの「常識」を疑い、覆すことで新しい「教養」を提唱する。
  27. 私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか 日本に真の民主主義を確立するために 書籍 > 政治 私たちはなぜ小沢一郎を支援するのか 日本に真の民主主義を確立するために 小沢一郎を支援する会 / 諏訪書房(ノラ・コミュニケーションズ)
    514
    0
    (0)
    0件
    「よりによって、日本で一番嫌われている政治家・小沢一郎を支持するとはどういうことなのだ」と、私(代表・伊東章=弁護士)も会のメンバーも、よく聞かれる。「大方、小沢から金でももらっているのだろう」...
  28. 皇位継承と万世一系に謎はない 〜新皇国史観が中国から日本を守る〜 書籍 > 政治 皇位継承と万世一系に謎はない 〜新皇国史観が中国から日本を守る〜 八幡和郎 / 扶桑社
    616
    0
    (0)
    0件
    万世一系で続いてきた天皇制度。幾多の危機を乗り越えてきた先人の知恵がわかる、日本人なら知っておきたい「天皇の歴史」。多くの議論が起こった皇位継承問題の解決策も提言!
  29. 放射能から子どもの未来を守る 書籍 > 政治 放射能から子どもの未来を守る 児玉龍彦 / 金子勝 / ディスカヴァー・トゥエンティワン
    864
    0
    (0)
    0件
    国会の参考人説明で、内部被曝研究の第一人者・児玉龍彦教授(東京大学)は、満身の怒りを表し、「国はいったい何をやっているのですか!」と政府を糾弾した。子どもと妊婦を守ることを最優先にすべきであると...
  30. 政権交代とは何だったのか 書籍 > 政治 政権交代とは何だったのか 山口二郎 / 岩波書店
    864
    0
    (0)
    0件
    政権交代直後の期待感は、すぐさま幻滅へと変わり、いまや政党政治に対する忌避感すら拡がっている。なぜ政治主導で「生活第一」への政策転換を進めることに失敗したのか。この二年間の軌跡をたどりながら、政...
  31. 「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書) 書籍 > 政治 「金正恩の北朝鮮」と日本 「北を取り込む」という発想(小学館101新書) 辺真一 / 小学館
    540
    0
    (0)
    0件
    北朝鮮の極秘情報に通暁する著者が新体制を徹底分析 2011年12月17日、金正日はあっけなく死んだ。これで金日成、正日と続いた北の「一人独裁体制」が終わった。弱冠29歳でカリスマ性のない正恩が...
  32. 日本を殺す気か! 「官僚の論理」に国を亡ぼされないために 書籍 > 政治 日本を殺す気か! 「官僚の論理」に国を亡ぼされないために 井沢元彦 / 祥伝社
    486
    0
    (0)
    0件
    国を滅ぼすのは昔陸軍、今官僚!瀋陽(しんよう)の日本総領事館事件、ODAばら撒き、薬害エイズ…“試験エリート”の官僚たちが頻繁に繰り返す不祥事と厚顔無恥な無責任体質。その病巣を歴史的見地から抉り...
  33. LIVE講義 北朝鮮入門 書籍 > 政治 LIVE講義 北朝鮮入門 礒崎敦仁 / 澤田克己 / 東洋経済新報社
    1,512
    0
    (0)
    0件
    2011年12月、金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去しました。北朝鮮は後継者が誰なのか正式には発表していませんが、2010年9月に党中央軍事委員会副委員長に選出された、金正日の三男・金正恩(...
  34. 日本はこうなったら核武装するしかないな ―戦中戦後92年生きて分かったこと 書籍 > 政治 日本はこうなったら核武装するしかないな ―戦中戦後92年生きて分かったこと 吉澤正大 / アートヴィレッジ
    1,234
    0
    (0)
    0件
    筆者は、1918年に生まれ東京高等商船学校卒業後、海軍予備少尉に任官。1945年の終戦まで海軍の第一線で勤務し、44年に大尉に進級している。大戦中は重要艦船の護衛任務に多数携わり、本書においてキ...
  35. 君主論 書籍 > 政治 君主論 マキアヴェッリ / 河島英昭 / 岩波書店
    864
    0
    (0)
    0件
    ルネサンス期イタリアの政治的混乱を辛くも生きたマキアヴェッリ(1469−1527)は外交軍事の実経験と思索のすべてを傾けて、君主たるものが権力をいかに維持・伸長すべきかを説いた。人間と組織に切り...
  36. 今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 書籍 > 政治 今だから言えること 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 国正武重 / ArsLonga
    411
    0
    (0)
    0件
    『湾岸戦争という転回点』(岩波書店)で日本記者クラブ賞を受賞し、『権力の病室―大平総理最期の14日間』(文藝春秋)、『後藤田正晴語り遺したいこと』(岩波書店)など、多数の著作をもつ政治評論家の国...
  37. 今だから言えること2 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 書籍 > 政治 今だから言えること2 歴代首相の素顔が語る、日本の光と影 国正武重 / ArsLonga
    432
    0
    (0)
    0件
    『湾岸戦争という転回点』(岩波書店)で日本記者クラブ賞を受賞し、『権力の病室―大平総理最期の14日間』(文藝春秋)、『後藤田正晴語り遺したいこと』(岩波書店)など、多数の著作をもつ政治評論家の国...
  38. 増税は誰のためか 書籍 > 政治 増税は誰のためか 武田徹 / 大野更紗 / 波頭亮 / 高橋洋一 / 野口悠紀雄 / 神野直彦 / 宮台真司 / 神保哲生 / 扶桑社
    925
    0
    (0)
    0件
    税収不足が年40兆〜50兆円。消費税率5%アップによる増収が単純計算で年12兆円。金額だけを見ても「焼け石に水」で、さらなる増税を求められることは確実だ。増税しか手はないのか?財政・経済の第一人...
  39. 日本の危機の正体 書籍 > 政治 日本の危機の正体 山本大二郎 / 読売新聞社
    1,296
    0
    (0)
    0件
    政治の漂流、経済の低迷、自殺や児童虐待などに見られる個の揺らぎ、家族の崩壊など、日本は、危機に瀕しています。その根源には何があるのでしょうか。東日本大震災、原発事故から得るべき教訓は?ベテランの...
  40. 現代中国の政治 「開発独裁」とそのゆくえ 書籍 > 政治 現代中国の政治 「開発独裁」とそのゆくえ 唐亮 / 岩波書店
    864
    0
    (0)
    0件
    一党支配のもとで急速な経済成長を続ける中国。その政治体制はどのようなもので、改革開放路線によりいかなる変化が生じているのか。中間層の拡大や社会的諸矛盾の深刻化は、民主化をもたらすのか。現在の中国...
  41. 「橋下徹」ニヒリズムの研究 書籍 > 政治 「橋下徹」ニヒリズムの研究 森田実 / 東洋経済新報社
    1,296
    0
    (0)
    0件
    「天佑」?それとも「奈落」? 彼は一体何者なのか。 「橋下徹」とは一体何者なのか。何を予期し、何を遂行し、何を具体化しようとしているのか。いかなる未来の到来を告げるものなのか。現在のような政治的...
  42. 何が間違いか日本の経済政策 書籍 > 政治 何が間違いか日本の経済政策 白川一郎 / 丸善出版
    842
    0
    (0)
    0件
    日本は80年代の負の遺産を抱え、構造改革を進められず、さらに借金に依存した歳出増大策を続け、人口減少や生産性の低下など日本経済のポテンシャルが急速に失われている事実を直視していないところに今日の...
  43. 日本の壊れる音がする 今なら、まだ間に合う! 書籍 > 政治 日本の壊れる音がする 今なら、まだ間に合う! 島田晴雄 / 朝日新聞出版
    1,360
    0
    (0)
    0件
    大きな期待を背負って民主党政権が発足してから10カ月近くがすぎた。歴史的な大転換であるはずが、現実には経済戦略の不在や沖縄問題の膠着から、国民のあいだには言いようのない閉塞感と政治への失望感が広...
  44. 政権交代はなぜダメだったのか 甦る構造改革 書籍 > 政治 政権交代はなぜダメだったのか 甦る構造改革 国際公共政策研究センター / 田中直毅 / 東洋経済新報社
    1,382
    0
    (0)
    0件
    民主党には解けなかった5つの大問題に答えを出す。 震災復興、郵政民営化、農業の活性化、マイナンバー(共通番号)制度、財政赤字を止める制度改革、という5つの大問題が、民主党政権下では中途半端なまま...
  45. 叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」 書籍 > 政治 叩かれても言わねばならないこと。 「脱近代化」と「負の再分配」 枝野幸男 / 東洋経済新報社
    1,080
    0
    (0)
    0件
    あの3・11で官房長官として連日連夜記者会見に立ち続け、「枝野寝ろ!」のハッシュタグがつき、世界中からツイートを浴びた枝野幸男。無責任な夢想家ではなく、現実を前に進めることができるリアリストであ...
  46. 財務省支配の裏側 政官20年戦争と消費増税 書籍 > 政治 財務省支配の裏側 政官20年戦争と消費増税 中野雅至 / 朝日新聞出版
    540
    0
    (0)
    0件
    財務省が日本を支配している――。なぜ今、「支配論」が叫ばれるのか!? 政権交代で「財務省の敵」自民党の族議員が退場し、民主党は政治主導に、あえなく失敗。そのスキを突いて凋落の一途をたどっていた財...
  47. 世代間格差ってなんだ 若者はなぜ損をするのか? 書籍 > 政治 世代間格差ってなんだ 若者はなぜ損をするのか? 城繁幸 / 小黒一正 / 高橋亮平 / PHP研究所
    650
    4
    (1)
    1件
    ワカモノ党結党宣言! 全国の若者たち、団結せよ。給与格差9000万円? 高齢者の声に負けるな! どうやら日本の政治には、若者という視点は存在しないようだ。民主党政権は、国家公務員二割削減のために...
  48. いまアメリカで起きている本当のこと 日本のメディアが伝えない世界の新潮流 書籍 > 政治 いまアメリカで起きている本当のこと 日本のメディアが伝えない世界の新潮流 日高義樹 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    2010年秋に行われた中間選挙でアメリカの人々はオバマ大統領の民主党を大敗させることで、中国を甘やかすオバマ大統領の中国政策に不信感を突きつけた。アメリカの人々は、アメリカがついに中国と衝突せざ...
  49. 総理の辞め方 書籍 > 政治 総理の辞め方 本田雅俊 / PHP研究所
    749
    0
    (0)
    0件
    2007年の自民党総裁選挙で「首相の資質とは何か」と尋ねられた福田康夫候補(当時)は、「辞める時の決断」と答えている。宰相の器量は引き際にあらわれるともいえよう。稀に見る長期政権を担いながら、権...
  50. ハイエク 知識社会の自由主義 書籍 > 政治 ハイエク 知識社会の自由主義 池田信夫 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    世界は不平等と不正と混沌に満ちているが、「賢明な政府」が指導すれば、世界は今よりもよくなるのだろうか? ハイエクが半世紀以上前に論破していた。「不完全な知識にもとづいて生まれ、つねに進化を続ける...
  51. 官僚の責任 書籍 > 政治 官僚の責任 古賀茂明 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    辞職を迫られた改革派官僚“覚悟の証言”「霞が関は人材の墓場」――著者はそう切り捨てる。最高学府の卒業生、志を抱いて入省したはずの優秀な人間たちが集う日本最高の頭脳集団。しかし彼らの行動規範は、「...
  52. 首相が靖国参拝してどこが悪い!! 書籍 > 政治 首相が靖国参拝してどこが悪い!! 新田均 / PHP研究所
    1,100
    0
    (0)
    0件
    今年(平成17年)の前半あたりから、竹島の領有権、歴史教科書、海底油田、日本の常任理事国入り等をめぐって、俄然、中国・韓国との外交が騒がしくなり、いつしか「首相の靖国参拝が問題の核心」とまで言わ...
  53. 私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国 書籍 > 政治 私は日本を守りたい 家族、ふるさと、わが祖国 稲田朋美 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    「私には守りたいものがあります。それは家族であり、ふるさと福井であり、愛する日本です」平成21年8月の選挙戦の後半、著者はこの一点を愚直に訴え続け、地元紙や週刊誌の下馬評を覆して選挙区で見事に勝...
  54. 日中の興亡 書籍 > 政治 日中の興亡 青山繁晴 / PHP研究所
    1,199
    5
    (1)
    1件
    日本人は中国の戦略・真意がまったく分かっていない!政治家・官僚の怠慢、多くの日本人の無関心は、もはや許されない段階にきている!――ほんとうに“望ましい”日中関係の見方を本書で説く。中華思想は生き...
  55. 王道の日本、覇道の中国、火道の米国 書籍 > 政治 王道の日本、覇道の中国、火道の米国 青山繁晴 / PHP研究所
    1,199
    5
    (1)
    1件
    2009年夏のウイグル反乱は、共産党の独裁強化と領土支配を狙う中国に対する決定的なカウンターパンチだった。世界は大きく動きつつある。日本国民はいまこそ、「領土と領海」を強く意識し、勇気ある一歩を...
  56. 新版 決然たる政治学への道 書籍 > 政治 新版 決然たる政治学への道 副島隆彦 / PHP研究所
    1,279
    0
    (0)
    0件
    本書の前提は、いわゆる「永田町の政治」と、日本の政治学者たちの考えている政治は、西欧で通用している「政治」と似て非なるものであるということである。そして、この日本の「政治」と欧米の「政治」が食い...
  57. アメリカはどれほどひどい国か 書籍 > 政治 アメリカはどれほどひどい国か 日下公人 / 高山正之 / PHP研究所
    800
    0
    (0)
    0件
    勝海舟から米国の話を聞いた横井小南は「尭舜の国」と形容し、内村鑑三は米国人を「気高く、純粋で正義に満ちた」と賛美した。しかしその一方で、日本人は国家の悪意も見逃さなかった。スウェーデンの植物学者...
  58. 民主党政権では日本が持たない 国民を欺いた「政権交代」 書籍 > 政治 民主党政権では日本が持たない 国民を欺いた「政権交代」 櫻井よしこ / PHP研究所
    1,100
    0
    (0)
    0件
    いま日本にとって何が最も大事なことなのか、そのためになすべきことは何なのかが、鳩山首相自身、わかっていないために、内閣全体にまとまりがなく、個々の閣僚が好き勝手な方向に動いている。加えて、首相そ...
  59. 権威主義の正体 書籍 > 政治 権威主義の正体 岡本浩一 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    部下を頭ごなしに怒鳴りつける上司、“鶴の一声”で全てが決まってしまう会社、正義をふりかざし世論を誘導するマスコミ――。それらの背後にひそむ権威主義を社会心理学の立場から徹底解剖する。まず、その研...
  60. 日本にオバマは生まれるか 書籍 > 政治 日本にオバマは生まれるか 横江公美 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    アメリカのメディアによると、米大統領選挙を最も注目していた外国は、なんと日本であった。実は日本の政治の閉塞感が、日本人の目を米国の政権交代劇に向けさせたのだ。オバマのようなカリスマ指導者が、現状...
  61. ほんとうは危ない日本 書籍 > 政治 ほんとうは危ない日本 田母神俊雄 / PHP研究所
    650
    0
    (0)
    0件
    石原慎太郎東京都知事が、尖閣諸島購入構想を打ち出したことで、領土問題が再燃しつつある。本来、日本国政府が買い取るべきだと思われるが、やらないので東京都がやるということだろう。すでに多額の寄付金が...
  62. ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実 書籍 > 政治 ひと目でわかる日韓・日中 歴史の真実 水間政憲 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    石原慎太郎氏推薦! 「捏造された歴史を見直し、日本人の誇りを取り戻そう。資料は事実を語っている」(石原氏のオビ推薦文より)。心ある一般の人は、南京大虐殺や従軍慰安婦のまやかし、捏造やデマと戦う保...
  63. 迫りくる日中冷戦の時代 日本は大義の旗を掲げよ 書籍 > 政治 迫りくる日中冷戦の時代 日本は大義の旗を掲げよ 中西輝政 / PHP研究所
    699
    0
    (0)
    0件
    いま、アジアを舞台に新たな冷戦が始まろうとしている。冷戦の次の主役は中国だ。アメリカが世界唯一の超大国だった時代は終わりを告げたのである。急速な経済成長を遂げ、アジア太平洋への露骨な膨張政策をと...
  64. 「日本史」の終わり 変わる世界、変われない日本人 書籍 > 政治 「日本史」の終わり 変わる世界、変われない日本人 池田信夫 / 與那覇潤 / PHP研究所
    1,279
    0
    (0)
    0件
    80年代、世界有数の経済大国だった日本は、今なぜ中国や韓国に追い抜かれてしまったのか? 本書は日本を代表する経済ブロガーと、『中国化する日本』で脚光を浴びた気鋭の歴史学者が、日本の歴史を辿り、現...
  65. 頼れない国でどう生きようか 書籍 > 政治 頼れない国でどう生きようか 古市憲寿 / 加藤嘉一 / PHP研究所
    699
    0
    (0)
    0件
    拝金主義と相互不信が当たり前の階級社会、元祖「頼れない国」の中国。止まらない少子高齢化や財政赤字に苦しみ、「頼れない国」化が進行中の日本。両国での生き方について、同学年の二人が上海と東京で考え、...
  66. 中京維新―日本が蘇る5大改革戦略! 書籍 > 政治 中京維新―日本が蘇る5大改革戦略! 大村秀章 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    大阪市の橋下徹市長と“同盟関係”にあり、「中京維新の会」のトップである愛知県知事・大村秀章氏。目前に迫る衆議院議員選挙では、既存政党を打ち破るパワーとして、大いに注目を集めることになるだろう。本...
  67. 韓国人に不都合な半島の歴史 書籍 > 政治 韓国人に不都合な半島の歴史 拳骨拓史 / PHP研究所
    1,199
    0
    (0)
    0件
    なぜ豊臣秀吉が文化破壊者になり、「日本語」「歌舞伎」「桜」の起源は韓国にあるという韓国起源説がまかり通るのか? 韓国人は、日本統治による文化流入の過去をぬぐい去ろうとして、それらをなかったことに...
  68. いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 書籍 > 政治 いまこそ日本人が知っておくべき「領土問題」の真実 国益を守る「国家の盾」 水間政憲 / PHP研究所
    1,279
    0
    (0)
    0件
    本書は、日本を取り巻く諸国が捏造した「領土問題」を終わらせる意思をもって著された。著者は、中国が世界地図の改変・破棄を始めた1970年代より前の地図を入手。かつての中国や韓国、台湾が「尖閣」「竹...
  69. 14歳からの戦争論 書籍 > 政治 14歳からの戦争論 西部邁 / ジョルダン
    720
    0
    (0)
    0件
    西部邁が中高生に向けて語り尽くす!なぜ戦争は起こるのか、平和とは、憲法とは、そして、60余年前の戦争は何だったのか!?国際社会や核にもやさしく言及する注目の一冊
  70. 怒れ、9条! 書籍 > 政治 怒れ、9条! 天木直人 / 展望社
    926
    0
    (0)
    0件
    イラク戦争に反対して、やむなく外務省を退職した著者は「憲法9条こそ最強の安全保障政策である」と主張する。
  71. 九条新党宣言 書籍 > 政治 九条新党宣言 天木直人 / 筆坂秀世 / 展望社
    926
    0
    (0)
    0件
    小泉政権と決別して外交官を辞した天木直人と、国会議員を辞めた元共産党政策委員長筆坂秀世が、憲法9条を基軸に新しい政治の可能性を探る。
  72. にっぽんチェンジ! 官僚も政治家も学者も耳をほじくってよく聴けよ 書籍 > 政治 にっぽんチェンジ! 官僚も政治家も学者も耳をほじくってよく聴けよ 木村嘉男 / 展望社
    926
    2
    (1)
    1件
    「政治は生命がけでやるもの。政治家は聖職である。」と考える著者が、国家の指導者はこうあってほしいと提言する。
  73. はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 書籍 > 政治 はじめての支那論 中華思想の正体と日本の覚悟 小林よしのり / 有本香 / 幻冬舎
    756
    0
    (0)
    0件
    国際社会が、いわゆる中国(中華人民共和国)をふつうに「チャイナ(あるいはシナ)」と呼ぶ中で、なぜ日本だけが、かつては使っていた名称「支那」を差別語扱いして自主規制せねばならず、そう呼べない風潮が...
  74. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第1回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第1回 幸田真音 / 幻冬舎
    0
    0
    (0)
    0件
    41社の就職試験に落ち、やっと手に入れた仕事は「派遣切り」に。僕が悪いんじゃない。こんな日本にした政治家が悪いんだ――。「直接文句のひとつでも言ってやりたい」と、退職金の残り25万円をはたいて政...
  75. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第2回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第2回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    27歳、無職。41社の就職試験に落ちた僕が選んだのは、「宇崎治朗政治塾」だった。入学初日、説明されたカリキュラムの内容に不安と焦りを感じた僕が出会ったのは、アフリカ帰りの帰国子女・せいら、長身の...
  76. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第3回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第3回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    就職試験に落ち続け、就職する代わりになぜか政治塾に参加することになったボク。そこで出会ったのは、大胆な発言を繰り返す帰国子女のせいら、定年間近の教師・松永、そして体格のよい謎の男・シュン……。チ...
  77. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第4回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第4回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    チーム対抗のプロジェクトに備えて、作戦会議をするためシュンのマンションに集まった風太、せいら、松永。そこは億ションのような高級マンションだった。そして、さらなる驚きが彼らを襲う。同じチームのみど...
  78. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第5回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第5回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    「塾長の宇崎治朗が逮捕された!」とのニュースが、作戦会議をするため集まっていた風太、シュン、せいら、松永らに届く。さらに、新しい発想での政治を試みようとした宇崎治朗が、ニューヨークにいたシュンを...
  79. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第6回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第6回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    塾長である宇崎治朗が、アメリカにいたシュンに依頼したこと。それは、情やポピュリズムに流されない、効率的、そして的確に政治を運営するためのパソコンによるシステムの作成だった。そんなことが可能なのか...
  80. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第7回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第7回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    シュンが次の選挙に向けての役割分担を割り出した。膨大な情報を元にシミュレーションした結果の適材適所だという。選挙参謀・松永、政策秘書・セイラ、そしてなぜか、立候補者の第二候補にボクの名が……。し...
  81. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第8回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第8回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    選挙参謀・松永、政策秘書・セイラ、そして立候補者の第二候補にボクの名が……。シュンが膨大な情報からシミュレーションした役割分担案に猛反発するボクらは、一人一人シュンと話し合いをすることに。ボクの...
  82. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第9回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第9回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    選挙に出ることを決意した風太だったが、その前に超えなければならない大きな壁があった。両親の説得だ。久しぶりに実家に帰るも、父は「お前にできるわけがない」と、相手にしてくれない。そんなとき、せいら...
  83. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第10回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第10回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    立候補することを決意した風太だったが、両親は猛反対。一番身近な両親を説得できずに、選挙で勝てるわけがないと、実家に足を運んでは説得を試みるが、父親は全く取り合ってくれない。そんなある日、風太が居...
  84. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第11回 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第11回 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    立候補に猛反対だった父親の説得も成功し、地元の商工会や商店街の人たちも味方になってくれた。そんな時、政治塾長の宇崎治朗からシュンに電話があり、僕らに会いたいと言ってきた。与党が割れて、近々新党が...
  85. だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第12回(最終回) 書籍 > 政治 だったらボクがやる 宇崎治朗政治塾へようこそ 第12回(最終回) 幸田真音 / 幻冬舎
    108
    0
    (0)
    0件
    両親や地元の人たちの協力を得て、選挙に向けて着々と準備を進める風太。ご近所を集めてした風太のスピーチが、「27歳のプータロー青年が日本を救う!」と、フェイスブックやツイッターで話題となり、一夜に...
  86. ゴーマニズム宣言SPECIAL 反TPP論 書籍 > 政治 ゴーマニズム宣言SPECIAL 反TPP論 小林よしのり / 幻冬舎
    1,296
    0
    (0)
    0件
    もともと4つの小国(シンガポール・ブルネイ・チリ・ニュージーランド)が2006年に締結した自由貿易協定であるTPP。それを、2010年「5年間で輸出倍増」計画を掲げリーマンショック後の大不況克服...
  87. 常識として知っておきたい 日本の問題点 いま私たちが直面している課題が2時間でわかる本! 書籍 > 政治 常識として知っておきたい 日本の問題点 いま私たちが直面している課題が2時間でわかる本! ニュースなるほど塾 / 河出書房新社
    486
    0
    (0)
    0件
    靖国、北朝鮮、消費税、年金、少年犯罪……。今、日本で何が起きているのか? ニュースの中身がわかる本です。
  88. 「政治」の裏もオモテも2時間でわかる本 書籍 > 政治 「政治」の裏もオモテも2時間でわかる本 素朴な疑問探究会 / 河出書房新社
    486
    0
    (0)
    0件
    本当はよくわからない政治の世界。ワイドショーでも教えてくれない「政治のなぜ?」を裏からオモテから公開!
  89. 財務省のマインドコントロール 書籍 > 政治 財務省のマインドコントロール 江田憲司 / 幻冬舎
    925
    0
    (0)
    0件
    今や「財政再建のために増税は仕方がない」と思っている国民も多いが、それは財務省による洗脳、つまりマインドコントロールにかかっているからである。 実際に、増税をしなくても、財政再建はできる。 財務...
  90. 政治家の裏事情 書籍 > 政治 政治家の裏事情 城内実 / 幻冬舎
    925
    0
    (0)
    0件
    選挙費の内訳、私の収支報告書、無所属のハンデ……。財布からマル秘選挙の戦略まで全て見せます! 小泉総理に背き“造反議員”のレッテルを貼られた怖いもの知らずの男が徹底公開する、本当は国民に知られた...
  91. 没落する文明 書籍 > 政治 没落する文明 萱野稔人 / 神里達博 / 集英社
    702
    0
    (0)
    0件
    3.11で我々に突きつけられたのは、文明の限界である。人間がテクノロジーによって自然を飼いならし、開拓し続けることには限界があり、終わりなき成長は夢でしかないと露呈した。早晩、世界が直面するであ...
  92. 改革政権 準備完了 私に賭けてください 書籍 > 政治 改革政権 準備完了 私に賭けてください 菅直人 / 光文社
    648
    0
    (0)
    0件
    この国を、未来に希望を持てる活力のある国に再生させるためにはどうしたらいいか。それは、政権交代と脱官僚――。本書で、菅氏は、政権を交代させ、政官業の癒着を断ち切るためのリアルな実効戦略を提示。2...
  93. 日本 大転換 二十一世紀へ希望を手渡すために 書籍 > 政治 日本 大転換 二十一世紀へ希望を手渡すために 菅直人 / 光文社
    648
    0
    (0)
    0件
    日本の官僚機構は当時、すでに行き詰まっていた――。どうすれば改革を実現できるのか、そのためには何が必要なのか。霞が関を批判するだけでは何も変わらない。「日本大転換」の方向を示す明確な対案をもって...
  94. ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~ 書籍 > 政治 ウィキリークス以後の日本~自由報道協会(仮)とメディア革命~ 上杉隆 / 光文社
    616
    0
    (0)
    0件
    「暴露サイト」と報じられるウィキリークスの本質とは何か? 犯罪者扱いされている創設者ジュリアン・アサーンジとは何者か? なぜウィキリークスの出現は「情報の9・11」と言われるのか? 記者クラブが...
  95. ニッポンの国境 書籍 > 政治 ニッポンの国境 西牟田靖 / 光文社
    616
    0
    (0)
    0件
    近年、「領土」をめぐる問題が諸外国との間で再燃し、国内での関心が高まるようになった。ロシアの実効支配が続く北方領土。同じく韓国の実効支配が続く竹島。一方、日本が領有しているものの、漁船や調査船が...
  96. 官僚を国民のために働かせる法 書籍 > 政治 官僚を国民のために働かせる法 古賀茂明 / 光文社
    616
    0
    (0)
    0件
    なぜ私は1年9ヶ月もの間「干され」続けたのか。退職の真相から野田政権の本質分析まで渾身の語り下ろし。官僚よ、省益ばかり優先したり天下りポストの確保に奔走しないで、今こそ「公僕意識」を取り戻せ!―...
  97. 日本中枢の崩壊 書籍 > 政治 日本中枢の崩壊 古賀茂明 / 講談社
    1,404
    0
    (0)
    0件
    「日本の裏支配者が誰か教えよう」経産省の元官僚が実名で証言!! 福島原発メルトダウンは必然だった……政府閉鎖すら起こる2013年の悪夢とは!? 家族の生命を守るため、全日本人必読の書。経産省が握...
  98. 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 書籍 > 政治 乱脈経理 創価学会VS.国税庁の暗闘ドキュメント 矢野絢也 / 講談社
    1,566
    0
    (0)
    0件
    こんなことが許されていいのか!? 永田町でも話題騒然! 税の番人・国税庁の狙いは創価学会と池田名誉会長。国税工作を命じられた著者と国税幹部の足かけ3年に及ぶ激しい攻防は、竹下元首相の一言で学会側...
  99. 政治家・官僚の名門高校人脈 書籍 > 政治 政治家・官僚の名門高校人脈 横田由美子 / 光文社
    616
    4
    (1)
    1件
    国会で丁々発止を繰り広げる議員どうしが、実は高校の同級生だったりすることは珍しくない。本書は、筑附、筑駒、日比谷、開成、早稲田、慶應、水戸一高、修猷館、灘、ラ・サールといった、政治家や官僚を多く...
  100. 検証 財務省の近現代史~政治との闘い150年を読む~ 書籍 > 政治 検証 財務省の近現代史~政治との闘い150年を読む~ 倉山満 / 光文社
    616
    0
    (0)
    0件
    現在、日本を覆う「増税の空気」はいかにして形成されたのだろうか? 財務省は、前身の大蔵省以来、「戦後最強の官庁」として日本に君臨してきた。しかし、大蔵省ほど絶大な権力を持ちながらもこれまであまり...

※ 価格は税込です。

ページの先頭へ


全作品20%OFFクーポン BL10%OFFクーポン